背中ニキビ跡のケア方法について

26ニキビが出来てしまうと、必要以上に神経質になり、毎日洗顔を朝・昼・晩って行う人がいますが、洗顔のしすぎは反って悪化させるので気をつけないといけません。人のお肌には生まれた時からセラミドという肌バリアに優れた性質を持つ成分が存在しますが、洗顔のしすぎでも、この成分は失われてしまいます。

肌バリア機能として働く成分が肌表面に広がり外部刺激からお肌を守ろうと働きますが、この成分を洗顔で何度も洗い流すことによって、外部刺激からお肌は直にダメージを受けやすくなってしまいます。過剰な洗顔は避けるべきで、朝起きたら、なるべくなら洗顔ではなく綺麗に手をよく薬用石鹸で洗ってからぬるま湯などの適温でお肌に付着した見えない埃汚れを優しく洗うことが大切です。シンプルですが、まずそこから始めることが大切です。

ちなみに背中のニキビ跡を消すならここがオススメです。

背中ニキビ跡を消すならここをチェック

洗顔にも色々な種類があるので、効能だけに頼るのではなく、成分配合など中心によく見て、自分の肌悩み・肌質・効能と成分に合ったものを選び使用すると良いです。

ニキビ跡は、肌のターンオーバーを促進させていくことで、だんだんと新しい皮膚細胞が生まれ、少しずつと肌組織を変えていくことが出来るので、跡になった古いお肌が自然に修復され、時間はかかっても綺麗なお肌を手に入れることは十分可能になります。

お肌のターンオーバーを高めるために何が必要かと言うと、ビタミンC誘導体やさび取り物質とも呼ばれる抗酸化物質などの含まれた成分を使い、お肌の新陳代謝を促進して、お肌の細胞・再生能力を高めることが大切です。

皮膚の再生成分として更に効果があると言われている紫根エキスなども注目されている成分です。クレーターのように凸凹になってしまったニキビ跡には、肌の弾力を取り戻す効果がある、弾力作り・再生能力共にあるとされるコラーゲンを多めに摂取したり、ビタミンCなどで新陳代謝を促進させ、凸凹が目立たなくなる肌作り成分を補うことが大切です。

またストレスは最大の肌荒れを引き起こす原因であり、起きている肌荒れをより悪化させるだけじゃなく、シミなども作る原因になるので、注意が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です