毛抜きでムダ毛処理をする時に、気をつけたいこと

ムダ毛処理方法は、色々ありますが、毛抜きでやっている人は多いですよね。

毛が皮膚の下に埋もれた…、黒いブツブツができた…なんて悩みありませんか?

その原因と対策をご紹介します。

きちんとした処理方法で、キレイなお肌をめざしましょう!

そもそも、黒いブツブツとは何?

毛根は毛穴よりも太いから、抜くときに皮膚に負担がかかります。

そのせいで、毛穴の近くの皮膚が角質化して、ブツブツができてしまいます。

皮膚の下に、埋もれた毛(埋没毛)の原因

毛を抜いた後は、その穴を塞ごうと肌が再生していきます。

肌が塞がれため、毛が外に出られなくなったことが、原因です。

毛抜きで皮膚ごと、引っぱり出すとかぶれて、そこから色素沈着を起こしてしまいます。

では、どうやって治すの?

家庭向けの脱毛器や、エステでの治療で治せます。

でも私は、できるだけ費用を抑えたかったので、市販薬を使いました。

角質の軟化と除去効果がある、尿素配合の塗り薬をぬって、保湿ケアするだけです。

これを繰り返していると、キレイな肌になっていきます。

ヨクイニンを飲もう。

ヨクイニンには、デトックスや、肌の新陳代謝を良くする、美肌効果があります。

漢方薬なので、体にも優しく、飲むだけなのでお手軽です。

(妊婦の場合、流産のおそれがあるので、控えたほうが良いです。)

毛抜き脱毛での注意点

痛みを少なくするため、毛穴が開いている、オフロ上がりにやりましょう。

毛を抜くときは、流れに沿って引っ張ると、スっと抜けやすいです。

肌が引っ張られると、負担がかかるので、手で押さえながらやります。

最後に、冷たいタオルを当てて、毛穴を引き締めましょう。

北九州の脱毛サロンを探すならこのサイトがオススメです。
脱毛北九州ランキング

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です